収入証明不要 カードローン

即日融資できる収入証明不要カードローン

収入証明なくてもお金を借りたいという方のために、収入証明書がなくても借りられるカードローンをピックアップしました。
銀行系のカードローンなら総量規制対象外なので収入証明は不要です。
ここでは、個人事業主の方や忙しくて収入証明書がすぐに用意できない方におすすめのカードローンをご紹介します。
まとまったお金を早く借りたい人におすすめです。収入証明不要でキャッシング利用したい方はこちらでご紹介。

収入証明不要

すぐにお金を借りたいのに、書類の用意なんて面倒ですよね。

 

現在、各社カードローンの契約には必要な書類は「身分証明書」か「健康保険証」になります。この「身分証明書」は一般的に『免許証』か『パスポート』が一般的です。そして、カードローン契約に必要な書類として追加的に必要になる書類として「収入証明書」があります。
通常は、収入証明書といった書類が必要になります。主に給与明細書、源泉徴収票、確定申告書という書類です。
個人事業主の方であれば確定申告書のコピーが必要です。
また、主婦がキャッシングを利用するという場合には、これに加え、旦那さんの収入証明書と同意書が必要になる場合があります。

 

しかしここで紹介するカードローンは、収入証明書が不要でお金を借りることができます。
収入証明書が不要なので、わざわざ市役所に源泉徴収票をもらいに行ったり、確定申告書類を探す手間も省けます。
今は必要書類をメール添付でインターネット契約ができるので融資のスピードも速くなってきました。だからすぐにお金が欲しい人でも即日融資が可能です。収入証明なくてもお金を借りたい方にとっては便利ですよね。

収入証明が不要で今すぐに融資してくれるキャッシングをご紹介します。早く対応してくれ、即日融資できる金融会社はこちらです。
収入証明不要でキャッシング利用したい、収入証明なくてもお金を借りたい方、所得証明不要でキャッシング利用したい方はこちらです。

 

収入証明書不要ランキングサーチ!収入証明不要のおすすめカードローンはこちら!

無利息期間の選べる「新生銀行カードローン レイク」


100万円までの借入れなら源泉徴収票や収入証明書は不要!
「借入額が5万円まで180日間無利息」「借入額の全額30日間無利息」の2つの無利息ローンが選べるのは新生銀行カードローン レイクだけ。
平日14時までの申込み手続きと必要書類(運転免許または健康保険証等)の確認の完了で即日融資も可能。
審査のスピードも早く、担保・保証人も不要です。全国の新生銀行カードローン レイクATM(カードローン専用ATM)や新生銀行ATMでの利用することができます。

 

レイク 収入証明書不要

 

安心の「アコム」


アコムなら借入額が50万円を超えない場合、他社を含めたお借入総額が100万円を超えない場合には収入証明不要です。
アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感がありますよね。3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!全国のアコムの支店やATM(24時間年中無休)、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

 

アコム 収入証明書不要

 

初めての方におすすめの「プロミス」

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は借入額が1万円〜500万円まで収入証明不要です。
プロミスはスピードが早いのが特徴。借り入れが可能かどうがすぐに審査(回答)で分かります。審査結果はたいていの場合は最短30分で分かります。こちらもネットで申し込んですべて契約手続きも完了するので来店不要です。平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミス 収入証明書不要

即日融資収入証明不要

収入証明不要

すぐにお金がいる時、キャッシングの審査を受けますよね。

最近のキャッシングは審査時間がとても短く、即日で借り入れができるということが多くあります。
しかし借りる時は様々な書類が必要となります。
自分の身分を証明する身分証明証、自分の収入がどれだけあるかを証明する収入証明などが必要です。
身分証明証は免許証か保険証を持っていればすぐに用意できます。
ですが収入証明証はそうもいきません。
働いている会社に言わなければもらえませんので、時間がかかります。
また急に収入証明するものをくれと言ったら、会社側に怪しまれるのではないかと心配になりますよね。
会社でそういった噂がたつと、すぐに広まってしまうこともあるので用心したいものです。
時間がかかるということは、お金が必要な時にすぐに手に入らないということです。
なのですぐに必要な人にはおススメできません。
しかし収入証明が不要な場合も多くあります。
それは借りる金額が金融会社によって様々ですが、50万以下、100万円以下といった会社があります。
収入証明が必要なければすぐに借り入れが可能なので、まとまったお金を借りたい場合は収入証明が不要なものを選択しましょう。

源泉、収入証明が不要なキャッシング

最近では簡単かつ手軽に融資を受けれるキャッシングやカードローンといったものがあるのをテレビでのコマーシャルで耳にした方も多いのではないでしょうか。

これらは各金融機関や消費者金融が提供しているサービスになっており当然ながら融資ということになっていますので契約の際には審査がありますが審査では必要な書類を提出し融資を受ける人の情報や返済能力について調べられるのが一般的です。
しかしなるべくなら少ない書類で短い時間による審査にて簡単かつスピーディに融資を受けたいと考えるのが普通とも言えます。通常審査には身分証明書や源泉徴収表などの収入証明といったものを必要な書類として提出しなければなりませんが業者や条件によってこの収入証明が必要でないとされる場合があるのをご存知でしょうか。
こういった例としてはまず限度額が低いところが挙げられます。こういったところでは限度額が低額かつ固定のものであったり限度額の設定はできるもののある一定金額以下であるならば収入証明が不要であるといったケースです。収入証明を条件付きで必要としないところはいわゆる銀行系といわれているキャッシングにて融資を受けることができますが銀行系でないものつまり消費者金融でのキャッシングでは収入証明が必ず必要となっているためにこの点を考慮してキャッシングによる融資を受けたいと考えるのであれば銀行系のキャッシングということになります。

キャッシングの借入審査について

キャッシングをするのでしたら、しっかりと審査を受ける必要があります。キャッシングの審査は厳しい所もあれば優しい所もあります。
キャッシングの借り入れ審査で重要視されるのは収入、勤続年数、居住年数、そして信用情報となります。
しかし、これらの情報はキャッシングを提供する金融機関によってその審査の厳しさや上記の四つの要素に求められる基準もだいぶ異なってくるようです。
キャッシングは3つの種類に大別できます。一つが銀行系のキャッシングです。
銀行系のキャッシングは金利が低いの特徴ですが、その反面審査基準が厳しい部類に入ります。
二つ目が消費者金融系のキャッシングです。消費者金融系は一番金利も高いのですがその反面、審査の基準は銀行に比べてかなり甘めです。
そして、三つ目が信販系のキャッシングになります。信販系のキャッシングは金利も審査の厳しさも銀行系と消費者金融系の中間くらいの位置にあります。
キャッシングと一言に行ってもサービスを提供している会社によって種類が異なっており、審査の基準もかなり難易度が異なってくるのです。

収入証明なしのカードローン

カードローンに申し込むときに必要なものとして本人確認書類や収入証明と言われていますが、収入証明はすぐ用意してほしいと言われてもなかなか用意が出来ないものですよね。できれば収入証明なしでカードローンの申し込みをしたいというのが本音ではないでしょうか。収入証明なしのカードローンはいくつかの条件がありますがあります。例えば、消費者金融でも大手といわれているアコムは、50万円未満であれば収入証明が不要になっています。無人自動契約機なども稼働していますので、いざという時にすぐに借りたいというニーズにこたえてもらうことが出来る消費者金融です。ほかにもプロミスやモビットなども50万円未満であれば収入証明なしで借りることが出来ます。もう少し大きな金額を収入証明なしで借りたい、他にキャッシングをしている。という場合には、銀行系カードローンが良いと思います。三菱東京UFJ銀行のカードローンであれば、100万円までは収入証明は不要、貸金業者ではないので総量規制の対象外ですから、他にキャッシングがあったとしても借りることが可能です。さらに300万円未満まで収入証明が不要としているのがオリックス銀行のカードローンです。

所得証明 審査

キャッシングでお金を借りる際、審査の時に書類が必要となります。
大体の場合は運転免許証や健康保険証といった身分証明証だけなのですが、借りる額が高額になると審査に所得証明が必要となります。
勤めている会社から発行してもらえる源泉徴収票であれば、審査の際に出せる所得証明の書類となります。
しかし上記のようにこれは高額な場合のみです。
大体の消費者金融や銀行では、50万以上の借り入れの契約の時はこの所得証明が必要となります。
それ以下の借り入れであれば審査で所得証明が必要だと言われることはまずないでしょう。
また契約中に借り入れ額が上がることがあると思います。
借り入れ額を上げるには自分で連絡をして、審査を受ける必要があります。
この審査の際にも所得証明が必要になることがあるので、借り入れ額の増額を検討しているのであれば所得証明を用意しておきましょう。
借り入れする会社によっては源泉徴収でなく、所得証明を提出してほしいと言ってくるところもあります。
その場合は市役所に行きましょう。
所得証明の発行は郵送でも可能なので、平日に時間が取れない人はまず市役所に連絡しましょう。
それから郵送の手続きを行うといいですね。
郵送の場合は少し時間がかかるので、できるだけ余裕を持って取り寄せましょう。

収入証明不要の無担保ローン

ローンは担保や収入証明が必要な場合が多いでしょう。しかし最近は無担保、保証人不要、収入証明書が提出不要のカードローンも増えてきています。
担保を支払う事で自分の信頼度が上がりローンも借りやすくなります。
担保とは、ローンを利用するうえでその代償となるものです。収入証明書は自分の収入を証明するものであり、自分の返済能力を簡単に表した書類です。

 

収入証明書や担保は、高額ローンでない限り必要がないでしょう。収入証明書にはさまざまな書類がありますが、ほとんどは職場や税務署に行って発行をして貰う必要があります。
もちろん担保が必要なローンもあります。
特に担保不要のローンが増えていて、担保はほとんどのローンが必要がないのではないでしょうか。高額ローンになればなるほど収入証明書や保証人、担保等さまざまな方法で信頼度を高め確実な信頼を得なければローンを組むことが難しいでしょう。基本的に50万円までのローンであれば収入証明書も担保も必要がありません。キャッシング会社によっては200万円くらいまでなら収入証明書不要でローンの利用をすることが出来るでしょう。少額ローンの場合は基本的に必要がありませんし、高額になってもある程度の金額までなら用意をしなくてもローンの利用が可能です。そのためローンは以前よりもずっと利用しやすいものになっています。
もちろん他の部分に不安があれば収入証明書や保証人を用意することでローンの利用が可能になる場合もあります。